「神様、僕は気づいてしまった - 名前のない青」仮名歌詞

歌曲信息

  • 歌曲:名前のない青
  • 歌手:神様、僕は気づいてしまった
  • 作词:和泉りゅーしん
  • 作曲:和泉りゅーしん
  • 专辑:神様、僕は気づいてしまった(2020年1月10日发行)

简介

大概神僕的flag这边先告一段落了,这首歌算是入坑曲吧,目前也是除了「大人になってゆくんだね」之外最爱的一首歌了。至于「别对映像研出手!」自己也没看过,就不知道了,好像是ED。

假名歌词

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
孤独(こどく)の内(うち)に溜(た)め込(こ)んだ空想(くうそう)の類(たぐい)
どうしたってずっと言葉(ことば)に出来(でき)ずに
幼(おさな)さ故(ゆえ)、小(ちい)さなこの両手(りょうて)から
溢(あふ)れてついにはキャンバスを埋(う)め尽(つ)くした

水平線(すいへいせん)から滲(にじ)むようで
冷(ひ)え切(き)った頬(ほほ)を伝(つた)うような
暖(あたた)かなその色(いろ)が僕(ぼく)の声(こえ)になってく

想像(そうぞう)が現実(げんじつ)を凌駕(りょうが)して
重(おも)く垂(た)れた雲(くも)が散(ち)った
その景色(けしき)を遺(のこ)せたなら

千年後(せんねんご)の知(し)らない誰(だれ)かの目(め)に
僕(ぼく)の声(こえ)が突(つ)き刺(さ)さるような
鮮(あざ)やかな色(いろ)、それはまだ名前(なまえ)のない色(いろ)

孤独(こどく)の内(うち)に溜(た)め込(こ)んだ空想(くうそう)の類(たぐい)
誰(だれ)かと分(わ)け合(あ)うことすらできずに
心(こころ)の奥底(おくそこ)で今(いま)も蠢(うごめ)いてる
名前(なまえ)を持(も)たないこの感情(かんじょう)をなんと呼(よ)ぼうか

忘(わす)れないように
失(な)くさないように

明日(あす)を憂(うれ)いた春(はる)のようで
この身(み)に走(はし)る脈(みゃく)のような
柔(やわ)らかなその色(いろ)で僕(ぼく)は僕(ぼく)になっていた

真(ま)っ白(しろ)なキャンバスにぶつけた未来(みらい)は
いつしか命(いのち)になって
僕(ぼく)が生(い)きた証(あかし)になる

千年後(せんねんご)の知(し)らない誰(だれ)かの生(せい)を
根底(こんてい)から覆(くつがえ)すような
鮮(あざ)やかな色(いろ)、息(いき)を飲(の)むほど美(うつく)しくて
きっと、それはまだ名前(なまえ)のない青(あお)だった